目立たない歯科矯正の種類

目立たない歯科去勢で人の目を気にせず美しい歯並びを手に入れよう!

取り外せる矯正と歯の裏に施す矯正?

この記事をシェアする

マウスピース矯正

目立ちにくい歯科矯正の方法してご紹介するのは「マウスピース矯正」です。
矯正方法としては、透明なマウスピースを歯にはめて矯正を行う方法で、従来のワイヤーを使った「ワイヤーブランケット矯正」とはかなり異なった矯正方法です。

「マウスピース矯正」のメリットは、まず従来の矯正方法と違い、マウスピースは取り外しが出来るので食事の際の違和感や歯磨きが従来の矯正方法よりも簡単で、口内環境を良好に保つことが出来ます。
また、矯正用のマウスピースは透明なので目立たず治療を行う事ができます。
そして従来歯科矯正が難しかった金属アレルギーの方もマウスピースは樹脂製なので矯正を行う事ができます。

マウスピース矯正は従来の歯科矯正のイメージを変えた画期的な矯正方法と言えるでしょう。

裏側矯正(舌側矯正)

目立たなくて、患者に負担の無い矯正方法と聞かれれば、ほとんどの歯科医師が「マウスピース矯正」と答えると思うのですが、実はマウスピース矯正は負担も少ない代わりに矯正の効果も患者しだいとなってしまうのです。
「マウスピース矯正」の矯正はマウスピースの装着時間に比例して矯正されますが、マウスピースをしっかり装着しないと効果が表れません。
そこで「マウスピース矯正」と同じ程度の目立たなさで、矯正の効果が高いのが「裏側矯正(舌側矯正)」です。

「裏側矯正(舌側矯正)」はその名の通り、歯の裏側、舌がある方の歯の側面に金具とワイヤーを取り付ける矯正方法で、矯正器具は全く目立ちません。
矯正の効果もワイヤーでしっかりと動かすので高い効果が得られます。
ただし、金具が舌に触れるので慣れるまでにかなりの違和感が伴います。